ナース服はきれいなの???

「白衣の天使」とも呼ばれる看護師は、真っ白なナース服を着ています。
そのナース服ですが、いつもキレイ(清廉潔白)だと思っていませんか?
夢を壊すようで悪いのですが…実は、いつもキレイなわけではありません。
むしろ、汚いと言った方が正解かもしれません。
何故なら、毎日ナース服を洗っていないからです。
病院(個人)によって違いますが、週2回程度洗濯するところもあれば、汚れさえ目立たなければ週1回のところもあります。
これは保健師の皆さんも同じです。
保健師の求人情報を見ればそのハードワークぶりが分かります。

保健師の求人



保健師も看護師同様、職場は戦場と同じ感覚なのです。


病院だけではない薬剤師の輝ける場所

まず薬剤師と聞いて思い浮かべるのが医療機関だと思います。
たしかに新卒者の多くが病院での面接を受けることになるのですが、その他にもじつはいろいろなところで活躍している薬剤師さんがいるのです。
最初は医療機関で経験を積んで、やがて転職するケースもあります。
代表的な例は製薬会社への転職です。
そのほかにも、大手化粧品メーカーで働く薬剤師さんもいます。
よく考えてみれば、薬剤師が扱うのは病気の人を治すための薬だけではなく、薬品やお肌に直接触れることになる化粧品などを造るにあたって、やはり薬学の知識が必要になってきます。
こういった事については下記のサイトに詳しく掲載されています。


これから薬剤師になろうとする方も、いま現在病院勤務の方も、じつは自分には大きな可能性が開かれているということに気付く必要があります。


薬剤師の転職のメリットは何か?

薬剤師は結構な収入がある仕事といえます。
そうなってきますと、仕事がしんどいなどの理由から、別の会社に移るなんて人もいるのかもしれませんよね?
そこで今回は薬剤師の転職のメリットはなんなのかを見てみようと思います。
前述の通り、この仕事は給料が高い傾向にあります。
ですから、逆を言えばパートに近い状況でもそれなりの収入になるので、主婦が好んでとるといわれています。
ですから、まず考えられるメリットは、自分のライフスタイルに合わせやすいという点にあるのではないのでしょうか?
また、Uターンの人の転職がやりやすいというメリットもあるようで、地方によっては薬剤師や医者が不足しているところがあるので、比較的好条件で採用されることがあるそうです。
実家に帰って家族と過ごしたいと考えている人には朗報といえるのではないのでしょうか?
ほかにも様々な魅力がありますから、悪い点とうまく相談した上で転職してほしいものですね。